クレジットカードの自然にたまるポイントのため方

ポイントのためにクレジットカードで買い物をするのはとてもナンセンスなことです。クレジットカード会社の戦術にはまってしまっていて思う壺です。そうならないカードの使い方はやはり決まっている払うべきものにクレジットカードを使うということです。そうすれば無理に買い物したり、自分でカードで払うべきかどうかいちいち考えることことなく自然にポイントがたまっていきます。例えば、家賃は代表的な固定費なのでポイントが自然にたまる代表格です。私は家賃はカード払いできないので光熱費と携帯電話やネットなどの通信費をクレジットカード払いにしています。そのほか散髪代や通院費など必ず支払わなければならないという費用にはクレジットカードを使ってポイントを無意識にためていたます。

年会費無料のはずが、自分のうっかりで支払うことに

ネット通販の時に使用していたクレジットカードが、一年の間に一回でも利用があれば年会費が無料になるカードで。規約の変更で一年間の利用が15万円以上に変更されたのですが、私はこの事を忘れていて、年会費数年分を支払っていました。規約変更の通知が来たときは、このカードをメインに利用していたので問題はなかったのですが、頭には一年に一度使えば無料が残ったままでした。その後、ほかのカードの利用頻度がだんだんと増えていって、支払いをするクレジットカードを切り替えていったのですが、ある日使った覚えがないのに請求書が届いて。最初は不正に利用されたのかと不安でしたが、それは年会費千円弱の引き落としのお知らせで、私はここで利用規約が変更されたことを思い出しました。数千円の出費ではありますが、私がもっとしっかりとしていれば防げただけに、もったいないことをしてしまいました。

クレジットカードで助かった人身事故!

私の母親の話です。1年前に母が自転車で走っていると、対向自転車のおばあさんとぶつかってしまいました。おばあさんも母も転倒しましたが、母には怪我はなく、相手のおばあさんが足を怪我してしまいました。自転車も傷がついたそうです。警察の方を呼び、おばあさんは病院に行ってもらいましたが、大きな怪我ではなかったものの、骨折などしてないか検査などは行いました。病院での検査、治療費と病院通院時の交通費、自転車の弁償、さらにもしご家族の方から慰謝料請求が発生したら!と金額うんぬんというよりは、今後の対応を適切に行わなければいけないことが気が重かったようで、母はかなり落ち込んでしまってました。しかし、母が持ってるクレジットカードの付帯サービスに個人賠償の保険があることに気づいてダメもとで問合せしてみたところ、補償の範囲とこのと。母を悩ませていたその後の対応や補償を全て保険会社のほうで引き受けて頂きました。クレジットカードを作るときにあまり意識しませんが、付帯サービスに心から救われた出来事でした。

小さい金額の買い物でもクレジットカードで支払う

クレジットカードの魅力に目覚めてからは、小さい金額の買い物もクレジットカードで行っています。たとえば、コンビニで飲み物やお弁当など、千円以下の決済でもクレジットカードで支払っています。このような行動をするようになったのは、クレジットカードの使用で発生するポイントが欲しいからです。ポイントのことは知っていましたが、あまり注目してきませんでした。しかし、最近はネット通販での買い物が多くなっており、決済する時はクレジットカードを使用する機会がほとんどでした。気付けばネット通販で利用できるポイントが数千円分貯まっており、お得な買い物となりました。この経験によって、少しでも多くポイントを貯めるためにクレジットカードで決済する機会を増やしています。

ポイントを貯めるためにクレジットカードを賢く使う

自分はクレジットカードのポイントを貯めるために、なるべく支払いを現金ではなくカードで行うようにしています。しかしカードで購入すればポイントが貯まるという思いが衝動買いを招くことがないようにも注意しています。現金で物を購入すれば財布の中にあるお金がなくなっていくわけですから、どれくらいのお金を使ったたがすぐにわかります。しかしクレジットカードでの購入はそうした自覚がなかなか湧かず、気をつけないと物をたくさん買い過ぎてしまうという状況に陥りかねません。そうした状況を避けるために、自分が必要とするものを書き出したり、買い物前にあらかじめ何を購入するかを決めて出かけるようにしています。このようにすることでポイントを貯めつつも無駄遣いを避けることができています。

クレジットカードを、フリーターが作りにくくて会社員が作りやすい理由は

クレジットカードの申請をするときに、収入がたくさんあればあるほど審査に通りやすいという考え方をする人もいますが、ちょっと違います。クレジットカード会社は、きちんと収入があるかどうか、そしてその収入がきちんとずっと入ってくるか、というところを注意して見ます。ですから同じ年収300万円でも、毎月同額の収入がある人と、夏に海の家で一年分の収入300万円稼ぐという人ではまるで審査の通りやすさが違います。ですから、フリーターは、収入の金額もそうなのですが、フリーターという立場を見られているので審査に通りにくくなります。逆に、国や自治体に雇われている形の公務員は、倒産なんてないので信頼度としては最高ランクになるわけです。

楽天カードのメリット

・申し込みの際に大量ポイントゲットのチャンス!テレビCMなどでも放映されておりますが、楽天カード申し込みの強みはやはりこれです。申し込みをする時期にもよりますが、しっかりとした手順を踏めば多いときは8000Pプレゼントということもあります。このポイントというのは、1P=1円で楽天でのお買い物に利用可能です。・審査が通りやすいクレジットカードの審査が通らないのではないかという不安がある方も多いと思います。ですが、フリーターの方や専業主婦の方、条件はあるようですが無職の方でも審査が通るようです。そして審査から発行までのスピードが早いです。遅いところでは、発行までに1か月ほどかかってしまう所もありますが、7日~10日で発行されます。

クレジットカードは出不精に良いと思います。

クレジットカードを契約して良かったと思うのは何と言ってもネットショッピングです。部屋から一歩も出なくて良いので、物凄く暑い日、逆に物凄い寒い日、雨の日など本当にクレジットカードがあって良かったと思います。ネットスーパーならちょっとした食材なんかも届けてくれますから、パソコンの前で注文、そのままクレジットカード払いにしておけば受け取るだけと助かります。なので、よっぽどのことが無い限り財布を持ってスーパーなんていうことは無くなりました。買い物が楽になった分その時間を他のことに当てられますし、案外クレジットカードは時間を作るという意味でも良いかも知れません。私が使っているカードはネットモールのポイントも貯まりますし、クレジットカードの恩恵は数知れません。

私の所有するクレジットカードについて

30代の会社員です。我が家ではクレジットカードを複数枚所有し、用途に応じて使い分けています。先ずは家賃、水道光熱費や学資保険など定期的に出費があるものについては家族共通のカードを使用しています。必然的に額が大きくなるのでポイントも貯まりやすく、貯まったポイントで商品券などを得ています。また、結婚式の費用もカードで払いました。一時的にカード会社に限度額を上げてもらって対応しました。数百万円を現金で支払うのは怖かったので、カードで払うことができて良かったです。私個人としてもJALカードを保有しています。定期的に飛行機を使用する出張があるので、マイルも貯まりやすくて重宝しています。マイルの使い道は妻には内緒にしていますが、お小遣いの少ないサラリーマン生活をしていますので非常に助かっています。

クレジットカードの使い時

クレジットカード、持っている方は多いと思います。すごく便利ですよね。手持ちがないときにサイン一つ、暗証番号一つでお買い物ができてしまうし、海外旅行ではお金を持ち歩くというリスクが軽減されるし、使えば使うほどポイントが貯まったりします。でも、日常生活の中ではなかなかクレジットカードって使わなくないですか?スーパーで買った夕飯代の三千円程度、クレジットカード払いにしますか?友達とファミレスに行って割り勘した千円程度、「カードで」と言いますか?多くの方は現金払いだと思います。日本人の性格でしょうかね、「三千円程度をカード払いなんて恥ずかしい」「人と違った払い方で手を煩わせるのが申し訳ない」「サインなどで時間を摂っていると、後ろ並んでいる人の視線が痛い」など、気になってしまい、結局現金を出してしまうんですよね。