高齢者でもクレジットカードを作りやすくなりました

70歳の父の話ですが、高齢で年金暮らしのため、クレジットカードは現役のときに作ったものをずっと使い続けていました。そのカードは年会費がかかる割にはポイント還元率もよくないのですが、新たにカートを作りなおすことは無理だと思い諦めていました。しかし近年では高齢者でもクレジットカードが作りやすくなったのという話を聞き、ダメ元で年会費無料、1%の還元率のあるカードを申し込んでみたらあっさりと審査に通りました。団塊世代が70歳前後になり高齢者人口が急増しているため、高齢者だからといってカードを発行できないということはほぼなくなってきたようです。高齢で年金だけの収入でカード作成を諦めてているという方は、時代が変わってきているので今までの常識に常識にとらわれずに申し込んでみることをおすすめします。

Tポイントがたくさん貯められるクレジットカード

私のおすすめのクレジットカードはTSUTAYAが発行しているTカードプラスです。このカードTSUTAYAのヘビーユーザーにはかなりお得なカードになっています。TSUTAYAでレンタルや買い物をすると現金払いでも最低Tポイントが3倍になります。カード払いで4倍です。しかも、TSUTAYAは月々の利用回数でTポイントの倍率が変わるランクアップサービスを行っているので、月5日以上利用すれば翌月は、カード払いで最高のTポイント6倍になります。もちろん年会費は無料で、一度作ったらレンタルの有効期限も切れることはないので、更新の手間もいりません。私も色々なクレジットカードを作りましたが、このカードが一番使い勝手がよく、15年以上愛用していますまだまだこれからも使ってTポイントをたくさん貯めたいです。

現金払いは損!

現在、日常の生活の中で現金をあまり使いません。スーパーの買い物が1000円以下の少額でもクレジットカード払い、コンビニでもSuica払い。きっかけはカードメーカーに転職したことでした。それまで、1000円以下の買い物にクレジットカードを出すのが恥ずかしいとか、クレジットカードを多く使うとデータ流出の危険が増えるのでは、など、クレジットカードを使うことへのマイナスイメージがありました。しかし転職先にポイントマニアの方がいて、「現金で払うのはもったいない」と、頼んでもいないのに彼の知識をとうとうとレクチャーしてくれたのです。「100円でもカード払いだよ」そう最後に言われてから、カード払いができないところや割り勘の時以外、ほとんど現金は使わなくなりました。そうすると、意識をしていなくても気づけばポイントが、それも結構な額のものがたまっているのです。同じ買い物をするなら、ポイントの溜まるクレジットカードを使用すべき!と、いつかの彼のように私は今、家族や友人にとうとうと語るのです。

クレジットカードは楽天カードがおすすめ

クレジットカードはいろいろあって選ぶのに迷ってしまいますが、私のおすすめは楽天カードです。特に楽天でよく買い物をする人におすすめです。まずは何と言ってもうれしいのが年会費無料であることです。さらにカード入会時にキャンペーンをやっていることが多いのでタイミングを選んで入会するとポイントが5000~8000ポイントももらえたりします。しかも、入会手続きはおそらくカードの中でも最も簡単だと思います。そしてポイント還元率も1%とトップではないですがまずまずの還元率です。さらに楽天で買い物をすると1%プラスになるので2%のポイントがゲットできます。私はこのポイントのおかげで蛍光灯や髭剃りのブレードやプリンターの交換インクなど消耗品はお金を出して買ったことがありません。おすすめですよ。

クレジットカードをトイレに落としてしまった。

社会人になって初めてクレジットカードを作った時の話です。初のクレジットはやはりしょぼい店ではなく豪華なデパートでデビューしようと、前からほしかったブランド物のジャケットを買いに行ったのですが、カードを使うのも初めてそしてそんな高価な買い物も初めてとあって、ついお腹が痛くなりトイレに駆け込みました。そしてすっきりと出たものを流そうとした時、はっクレジットカード持ってきたっけと不安になり、しゃがんだ姿勢のままズボンから財布を出し、クレジットカードを確認し、良かったあったあったと安心した途端、するりと私の手をすり抜けポチャン。○んこの上にクレジットカード。もちろんきれいに洗いましたが、キク○タケ○の店員さん、さっき○んこの上に落ちたクレジットカードですとは言いませんでした。

クレジットカードのぽインはすごく便利

今やほとんどの方が利用しているクレジットカード。そのほとんどがお買い物をするとポイントがつくようになっています。普通のお買い物でもポイントがつくのですが、もっと便利にポイントを貯める方法が。それは、公共料金です。最近は公共料金もカードで支払えるようになっています。公共料金間毎月必ず支払うものなのでこれをクレジットカードでの支払いにすることでかなりのポイントを貯められます。私はほかにも携帯代の支払いもカードで行っていますが、楽だしポイントはたまるしいいところしかありません。この方法は友人から聞いたのですが、教えてもらった時は本当にありがたかったです。こうして楽にポイントを貯められるのがいいですよね。

クレジットカードの自然にたまるポイントのため方

ポイントのためにクレジットカードで買い物をするのはとてもナンセンスなことです。クレジットカード会社の戦術にはまってしまっていて思う壺です。そうならないカードの使い方はやはり決まっている払うべきものにクレジットカードを使うということです。そうすれば無理に買い物したり、自分でカードで払うべきかどうかいちいち考えることことなく自然にポイントがたまっていきます。例えば、家賃は代表的な固定費なのでポイントが自然にたまる代表格です。私は家賃はカード払いできないので光熱費と携帯電話やネットなどの通信費をクレジットカード払いにしています。そのほか散髪代や通院費など必ず支払わなければならないという費用にはクレジットカードを使ってポイントを無意識にためていたます。

年会費無料のはずが、自分のうっかりで支払うことに

ネット通販の時に使用していたクレジットカードが、一年の間に一回でも利用があれば年会費が無料になるカードで。規約の変更で一年間の利用が15万円以上に変更されたのですが、私はこの事を忘れていて、年会費数年分を支払っていました。規約変更の通知が来たときは、このカードをメインに利用していたので問題はなかったのですが、頭には一年に一度使えば無料が残ったままでした。その後、ほかのカードの利用頻度がだんだんと増えていって、支払いをするクレジットカードを切り替えていったのですが、ある日使った覚えがないのに請求書が届いて。最初は不正に利用されたのかと不安でしたが、それは年会費千円弱の引き落としのお知らせで、私はここで利用規約が変更されたことを思い出しました。数千円の出費ではありますが、私がもっとしっかりとしていれば防げただけに、もったいないことをしてしまいました。

クレジットカードで助かった人身事故!

私の母親の話です。1年前に母が自転車で走っていると、対向自転車のおばあさんとぶつかってしまいました。おばあさんも母も転倒しましたが、母には怪我はなく、相手のおばあさんが足を怪我してしまいました。自転車も傷がついたそうです。警察の方を呼び、おばあさんは病院に行ってもらいましたが、大きな怪我ではなかったものの、骨折などしてないか検査などは行いました。病院での検査、治療費と病院通院時の交通費、自転車の弁償、さらにもしご家族の方から慰謝料請求が発生したら!と金額うんぬんというよりは、今後の対応を適切に行わなければいけないことが気が重かったようで、母はかなり落ち込んでしまってました。しかし、母が持ってるクレジットカードの付帯サービスに個人賠償の保険があることに気づいてダメもとで問合せしてみたところ、補償の範囲とこのと。母を悩ませていたその後の対応や補償を全て保険会社のほうで引き受けて頂きました。クレジットカードを作るときにあまり意識しませんが、付帯サービスに心から救われた出来事でした。

小さい金額の買い物でもクレジットカードで支払う

クレジットカードの魅力に目覚めてからは、小さい金額の買い物もクレジットカードで行っています。たとえば、コンビニで飲み物やお弁当など、千円以下の決済でもクレジットカードで支払っています。このような行動をするようになったのは、クレジットカードの使用で発生するポイントが欲しいからです。ポイントのことは知っていましたが、あまり注目してきませんでした。しかし、最近はネット通販での買い物が多くなっており、決済する時はクレジットカードを使用する機会がほとんどでした。気付けばネット通販で利用できるポイントが数千円分貯まっており、お得な買い物となりました。この経験によって、少しでも多くポイントを貯めるためにクレジットカードで決済する機会を増やしています。